介護老人保健施設とは

提供サービス

施設紹介

ご利用案内

療養プログラム例

食事メニュー

よくある質問

ケアプランセンター

採用情報

お問い合わせ

大阪市立介護老人保健施設
おとしよりすこやかセンター
南部花園館

トップページ > ケアプランセンター > サービス案内

ケアプランセンター/ すこやかセンター南部花園館

ケアプランセンターサービス案内

高齢者の介護を社会全体で支えあうことを目的に平成12年度からスタートした介護保険。居宅介護支援はこの介護保険の対象となるもの。 介護保険の被保険者で要支援・要介護認定を受けていれば、居宅介護支援を受ける事ができます。
居住サービス計画の作成

居住サービス計画の作成

利用者および家族との面接により利用者のおかれている環境や立場の十分な理解と課題を把握し、利用者の希望も踏まえ実状に見合ったサービス提供のためのケアプランを作成。また、利用者が訪問看護や通所リハビリテーションなどの医療サービス利用を希望の場合には、同意を得て主治医等の意見を求めます。

居住サービス事業者との連絡調整

居住サービス事業者との連絡調整

利用する居宅サービスの選択にあたっては、お住まいの地域における指定居宅サービス事業者などに関する情報を利用者またはその家族に提供します。その際、居宅サービスの内容が特定の種類、事業者に不当に偏ることのないようにしています。

サービス実施、状況の把握・評価

サービス実施、状況の把握・評価

居宅サービス事業者は、利用者のケアプランの原案への同意を確認したあと、原案に基づく居宅サービス計画を作成し、あらためて利用者の同意を確認します。なお、事業者が作成した計画原案に同意できない場合は、事業者に対して原案の再作成を依頼することができます。

利用者状況の把握

利用者状況の把握

ケアプランセンターでは、居宅サービス計画作成後も、利用者またはその家族、さらに指定居宅サービス事業者と継続的に連絡をとり、計画の実施状況の把握につとめるとともに目標に沿ったサービスが提供されるよう指定居宅サービス事業者などとの調整をおこないます。

給付管理

給付管理

ケアプランセンターでは、居宅サービス計画作成後、その実施サービス内容に基づいて給付管理票を作成します。作成し 、大阪府国民健康保険団体連合会に提出します。この給付管理票に基づき、居宅サービス提供事業者からの請求について、内容確認を行う仕組みになっています。

要介護認定申請に対する協力・援助

要介護認定申請に対する協力・援助

ケアプランセンターでは、利用者が希望する場合、要介護または要支援認定の申請を利用者に代わっておこないます。また、利用者の要介護認定または要支援認定の更新申請手続きおよび、状態の変化に伴う区分変更申請が円滑にできるよう必要な協力をおこないます。

ご相談はお気軽にケアマネージャーまで

一覧へ戻る

上部へ戻る